是非、利用したい制度|人の心を理解する心理カウンセラーの資格|見極めることが大切

人の心を理解する心理カウンセラーの資格|見極めることが大切

看護師

是非、利用したい制度

病院

看護系の学校が無料で

「看護系の学校に無料に近い状態で行って、看護師になった」という話を聞いたことがあると思います。実際にこのような制度があります。病院奨学金や就学資金という制度で、病院や自治体によって条件が異なる場合があるので、正確な情報を得て選ぶ必要がありますが、一般的な事例をお話します。いわゆる大病院では、看護系の学校を併設している場合があります。病院を経営しつつ、看護師を養成しているのです。また、看護師不足の時代でありますから、人材はとても貴重です。看護師がいなければ、病院の経営ができません。このため、自分の病院に一定期間(3年から5年間)勤続することを条件に学費に見合う金額を貸与(貸してもらえること)してもらえる制度があります。これを病院奨学金と言います。

返還が免除される場合が

通常、学生支援機構などの奨学金は、返還することを前提にまさに借りる制度(利子がつくこともあります。)ですが、病院奨学金は、先ほどお話したとおり、学校を卒業して看護師として一定期間勤続すると免除されることが条件となっています。病院だけでなく、都道府県の自治体においても指定した地域(人口が少ない地域が多い。)の病院に就職して一定期間勤続すれば、免除される制度もあるので、関心のある人は調べてみる価値があります。以上のように病院奨学金は、看護師不足である状況において、お金を払ってまで、看護師になって指定した病院に就職してもらいたい制度です。このような制度は、他の職種で聞いたことがありません。人気の秘密はここにあります。